サロンベルソーのセッションって、どんなことをするの?


『こころと向き合う

カウンセリングセッション』

 

トークセッション&セラピー

1回90分

はじめにトークセッション(カウンセリング)、そしてセラピーが基本のセッション体系ですが、お一人お一人に合わせたカスタマイズコースの為クライアント様や回毎に異なる場合があります。

 

セッションの場所は

①仙台市青葉区八幡4丁目のセラピールーム 

または

②出張・・・(クライアント様のご自宅や、

クライアント様ご指定のパブリックスペース・シェアスペース

企業での福利厚生としてのカウンセリング

介護・福祉の場への訪問セラピーetc)

となっております。

 

 


『こころと向き合うカウンセリングセッション』とは

 まずはじめにトークセッションを丁寧に行い、あなたの「思い」や「感情」を細かく見て行きます。

 

クライアント様のお話を伺っていく中で、具体的な内容にテーマを絞り、まずは実際に起こっていた「シンプルな事実」と、クライアント様ご本人の「解釈」の部分を分け、クライアント様の心の中で起こっていたことの「仕組み」を一緒に見て行きます。

 

わたしたちは、潜在意識の中に多くのビリーフ(信念)やセルフイメージを抱えています。

それらは、私たちの思いや行動、世界観を作り上げているのです。ご存知でしたか?

 

わたしたちが気が付かない限り、ほぼ修正されることもなくわたしたちの一生を支配するコアビリーフやセルフイメージ・・・

ここから生まれる解釈から様々なストーリができあがり、私たちは、悲しんだり、喜んだりするわけです。

 

トークセッションでは、時にはフォーカシングやセラピーを使って、あなたのコアビリーフや思い込みを探っていくこともあります。

ぼんやりと捉えていたり、スルーしていたご自身のこころの声を、しっかりと意識していく感じです。

 

そして、クライアント様それぞれの状態に合ったセラピーを使って、

見つけ出した思いと感情を解放して行きます。セラピーを使わない場合も、もちろんあります。

 

このセッションの流れの中に、セラピストの個人的な考えや解釈、分析などは一切入りません。

 

既存の理論に当てはめてこころを見るのではなく、純粋におひとりおひとりの「ユニークなこころの有りよう」を見てゆき、

見つけ出した思いや感情にセラピーを使って変容を促していく。

これは自分が自分との「対話を深める」作業です。

今まで見ないようにしていた自分。苦しさを感じながらも我慢をしていたり、何か他のことで紛らわしていた自分。

見ないように、向き合わないようにしていた自分のこころと向き合い、「対話を深める」時間なのです。

 

いらないものを切り取ったり、消したり、排除する作業ではありません。

自分の言い分を訊いてあげる

自分の中にあるものすべてに、光をあててあげる。

 

何より、

自分が自分の味方になる。

 

サロンベルソーのセッションは

ありのままのあなたを見つめて行きます。

 

 

 


当サロンは完全予約制となります。セッションカレンダーをご確認の上、お問い合わせ下さいますようお願いいたします。また、サロンベルソーは女性限定です男性はセラピストと面識のある方・紹介等に限らせて頂きます(Skypeは可)。

小・中学生は保護者同伴でお願いいたします。